PR

達磨と空手、その謎のつながりを探る 

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

達磨の武術の足跡 禅と少林寺から繋がる空手の源流

「だるまさんが転んだ」でお馴染みの達磨(だるま)ですが、空手と関係があるということをご存じでしょうか? 空手は、沖縄で発展した武術ですが、その起源と発展には、中国の禅僧である達磨が大きく関わっていると考えられています。達磨は、中国の少林寺で武術の修行を行っていた人物であり、禅の開祖とされています。達磨の武術の修行は、中国の少林拳に大きな影響を与えました。少林拳は、中国の伝統的な武術であり、空手にも大きな影響を与えています。
空手の起源は、主に中国の少林拳と琉球武術の融合とも考えられています。琉球武術は、中国の武術の影響を受けながら、沖縄独自の発展を遂げた武術です。空手の型や技の中には、中国の少林拳の要素が含まれているものが多くあります。また、空手の精神的な部分にも、禅の影響が見られるものがあります。
 このように、達磨は、空手の起源と発展に大きな影響を与えた人物であることは間違いなさそうです。しかし、達磨の教えが直接的に空手に影響したのか、それとも間接的に空手の起源に影響を与えたのかについては明確ではありません。この記事では、その諸説を紹介し考察していきたいと思います。

達磨(だるま)
達磨(だるま)Sugawara Dōsai, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由
少林寺
少林寺 Aaron Zhu, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, ウィキメディア・コモンズ経由

 

達磨直伝説

まず、達磨直伝の武術が伝わったという説です。この説では、達磨はインドから中国に渡った際に、インドの武術を持ち込んだとされています。その武術は、少林寺で修行する僧侶たちに伝えられました。その後、少林寺から出た僧侶たちが各地に散っていき、その中に琉球(沖縄)に渡った者もいたとされています。琉球では、少林寺で学んだ武術と琉球武術が融合して空手が生まれたというわけです。
この説は、空手に含まれる型や技がインドやチベットなどの武術と類似していることや、空手家たちが達磨や少林寺を尊敬していることなどから支持されています。しかし、この説には反論もあります。例えば、達磨がインドから持ち込んだ武術がどのようなものだったのかや、少林寺でどのような修行を行っていたかなどについては明確な証拠がないこと、沖縄に渡った僧侶たちが具体的に誰だったかやどこで何を教えたかなどについても不明確なことなどです。

少林寺の僧侶
少林拳(少林寺)Naoshol, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

達磨系譜説

一方で、達磨の武術が直接的ではなく、後の空手の起源に影響を与えたとする説をみます。達磨が伝えた武術が直接的に伝わったのではなく、彼が少林寺での修行中に発展した少林拳を介して、間接的に空手に影響を与えたとされています。達磨の武術の修行は、少林寺で発展した少林拳に大きな影響を与えたとされ、これが後に空手に反映されたとされています。 少林拳は、中国の伝統的な武術であり、その影響は空手に及んでいます。
先に述べたように、空手の起源は主に中国の少林拳と琉球武術の融合と考えられています。琉球武術は中国の武術の影響を受けながらも、独自の進化を遂げたもので、沖縄では中国との交流が盛んであり、多くの武術家や商人が訪れました。中には少林寺出身の者も含まれていたとされ、沖縄の武術家たちは彼らから伝えられた技術を取り入れ、空手が生まれる過程において重要な影響を受けたとされています。
この説が支持される根拠としては、空手の型や技が中国の少林拳や他の武術と類似していること、また、空手家たちが中国や少林寺に関する記録や伝承を残していることが挙げられます。しかし、この説にも反論は存在しており、具体的な少林寺出身者や教授内容に関する詳細が不明確であることや、空手の技が偶然や共通の起源から生まれた可能性も指摘されています。

結論

以上が、達磨と空手の関係についての諸説です。どちらの説が正しいかはわかっていません。個人的には、後者の達磨が空手の起源に影響を与えたという説を支持しています。達磨は、禅と武術を結びつけた人物であり、その精神は空手にも受け継がれていると思います。空手は、単なる戦闘技術ではなく、心身を鍛える修行でもあるからです。
しかし、これはあくまで私の主観であり、決定的な証拠は何もありません。達磨と空手の関係については、今後もさらなる研究や発見が必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました