PR

空手の哲学 人に打たれず 人打たず

スポンサーリンク
人に打たれず人打たず 哲学と理念
人に打たれず人打たず
記事内に広告が含まれています。

宮城長順の遺訓「人に打たれず、人打たず、事なきをもととするなり」

空手は武道として、自己防衛や健康増進のために行われるものですが、それだけではありません。空手には、人間としての道徳や心構えを教える哲学も含まれています。その中でも、空手の祖と呼ばれる宮城長順が残した遺訓「人に打たれず人打たず」は、空手家にとって最も重要な教えの一つです。

宮城 長順(みやぎ ちょうじゅん、1888年4月25日 - 1953年10月7日)
宮城 長順(みやぎ ちょうじゅん、1888年4月25日 – 1953年10月7日)

「人に打たれず人打たず」とは何か?

「人に打たれず、人打たず、事なきをもととするなり」とは、文字通りには「人に攻撃されないようにし、人を攻撃しないようにし、争い事を起こさないことが大事という意味ですが、実際にはもっと深い意味があります。宮城長順は、この言葉を次のように解説しています。

「人に打たれずとは、自分の心身を鍛えて技術を磨き、相手が攻撃する前に自分の存在感や威圧感で抑え込むことである。また、自分の心を平和に保ち、争いやトラブルを避けることである。人打たずとは、自分が攻撃されても、必要以上に反撃しないことである。また、自分の力や技を誇示したり、他人を見下したりしないことである。」

つまり、「人に打たれず人打たず」とは、空手の技術だけでなく、空手の精神や態度も身につけることであり、それによって自分や他人を尊重し、平和や調和を求めることであると言えます。

日常生活への適用

この遺訓は、空手だけでなく、日常生活や社会生活においても有効です。自分の能力や立場に応じて責任を果たし、他人と協力し、互いに助け合うことができれば、より良い社会が築かれるでしょう。また、自分の感情や欲望に振り回されず、冷静かつ謙虚に物事を判断し行動することができれば、より幸せな人生が送れるでしょう。
近年、世の中の対立や分断が深刻化し、時には暴力につながる事態も起きています。この名言は、そうした現状を踏まえつつ、人と人との接し方の根本精神を示したものといえるでしょう。
人は誰しも感情の起伏があり、時には衝動的になることも。しかし他人の気持ちを考え、理解し合おうと努めることで、対立を乗り越えられるはずです。
相手のことを第一に思いやる「他者中心の視点」こそが、この名言の核心であり、平和な社会を実現するための指針なのです。
一人ひとりがこの精神を大切にし、対話と相互理解を通じて WIN-WIN の解決を目指せば、より良い人間関係と社会が築けるはずです。
いかがでしょうか。この名言の示す思想こそ、現代においてこそ重要性が高いと考えます。

結び

空手の哲学 宮城長順の遺訓「人に打たれず人打たず」は、私たちにとって大切な教えです。繰り返しになりますが、空手を通じてこの教えを学び実践することで、私たちは自分自身や社会をより良くすることができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました