PR

空手の起源を徹底解説!空手はなぜ沖縄で生まれたのか?

スポンサーリンク
空手の起源と歴史 空手の起源と歴史
空手の起源と歴史
記事内に広告が含まれています。

琉球王国の歴史と中国武術の融合

1853年 琉球国 当時の那覇
1853年 琉球国 当時の那覇

空手の起源は、琉球王国時代にまで遡ります。琉球王国は、現在の沖縄県に相当する地域に14世紀から19世紀まで存在した独立国です。琉球王国は、中国や日本、東南アジアなどの諸国と交易や交流を重ねており、その中で武術も伝えられてきました。

空手の源流となった武術は、沖縄固有の拳法「テー」と、中国から伝来した拳法「唐手」(からて)です。テーは、琉球王国の各地域で独自に発展した武術で、農民や漁師が身を守るために編み出されたと言われています。唐手は、中国の南部から伝来した武術で、中国武術の特徴である手刀や掌底などの打撃技が特徴です。

テーと唐手が融合して、現在の空手の原型となる「手」(てぃー)が生まれました。手は、19世紀後半に沖縄で盛んに行われるようになった武術で、拳や足を使った打撃技が中心です。

空手の名称は、1920年代に「手」から「空手」に改称されました。空手という名称は、「空虚な手」という意味であり、武器を持たずに戦う武術であることを表しています。

このように、空手の起源は、琉球王国時代に伝来した中国武術と沖縄固有の拳法の融合によって生まれました。空手は、琉球王国の人々が身を守るために編み出した武術であり、その歴史は琉球王国の歴史と深く関わっています。

空手が琉球で生まれるまでの具体的な過程については、諸説があります。

テーの起源

テーの起源については、明確な記録が残されていないため、諸説があります。

  • 琉球王国時代以前から、琉球で独自に拳法が発展したとする説
  • 中国から伝来した拳法が琉球で独自に発展したとする説
  • 中国と琉球、東南アジアの武術が融合して生まれたとする説

唐手の伝来

唐手の伝来については、14世紀末から15世紀初頭にかけて、中国の明王朝から琉球王国に渡来した久米三十六姓が伝えたとされる説が有力です。久米三十六姓は、明王朝の役人や商人、職人などからなる集団で、その中には武術の達人も含まれていたとされています。

手の発展

手は、19世紀後半に沖縄で盛んに行われるようになった武術です。当時、琉球王国は薩摩藩の支配下に置かれており、武術の修行は禁止されていました。しかし、手は武器を持たずに戦う武術であるため、薩摩藩の目を盗んで密かに修行が行われていました。

手は、明治時代になると、沖縄県師範学校の教員であった船越義珍(ふなこし ぎちん)氏によって日本本土に伝えられました。船越氏は、手の名前を「空手」に改称し、空手の普及に努めました。

このように、空手の起源は、琉球王国時代に伝来した中国武術と沖縄固有の拳法の融合によって生まれました。空手は、琉球王国の人々が身を守るために編み出した武術であり、その歴史は琉球王国の歴史と深く関わっています。

船越義珍
船越義珍

コメント

タイトルとURLをコピーしました