PR

極真空手 vs 伝統空手 歴史、特徴、そして選択のポイント

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

極真空手の始まり

極真空手は、大山倍達によって創設された武道です。彼の強い意志と独自のトレーニング法が新たな武道の誕生を促しました。創始者の哲学と訓練の厳しさが、後の空手界に大きな影響を与えることになります。

大山倍達の足跡

大山倍達は、1923年に生まれ、空手道に情熱を持っていました。彼は沖縄の伝統空手を学びつつ、独自の訓練方法を追及し極真空手を創始しました。全身を鍛え上げたその技と心得は、海外での実演により世界中に知られるようになり、日本発の武道として国際的に認識されるきっかけを作りました。大山倍達の訓練は非常に厳しいものであり、彼のもとで学んだ者たちは強い精神力と技術を身につけることができました。

伝統空手との違い

伝統空手と極真空手は同じ「空手」という名前を持つものの、その訓練方法や戦い方に明確な差があります。個々の技術を磨くことに重点を置く伝統空手と比べ、極真空手は実戦における強さを追求し続けています。

極真と伝統空手の相違点

アントニオ ディアス
伝統空手 型の演武Antonio Diaz’s
Antonio José Díaz Fernández, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, ウィキメディア・コモンズ経由
極真空手試合風景
極真空手の試合 
Toshikyokushin, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, ウィキメディア・コモンズ経由

極真空手は、伝統空手にある型(かた)の練習よりも、対人戦を重視した訓練が特徴です。全身を使った実戦的な組手(スパーリング)によって体を鍛え、技の有効性をテストします。対して伝統空手では、型を通じた動きの美しさや精神性の高揚を目指す練習が中心となっています。また、極真空手では試合においても実際に相手に技を当てるフルコンタクトが採用されており、実力の見せ所となります。そのため、極真空手のほうが実戦向けであるとされています。

極真空手の広がり

極真空手は大山倍達の下で学んだ生徒たちによって世界展開が進みました。現在では国内外を問わず多くの道場が存在し、各地で開催される大会では多くの選手が技術を競います。初心者からプロまで、幅広い層が極真空手に取り組んでおり、その健康や防衛技術、さらには心の鍛錬としての側面が見直されています。

団体、流派について

極真会館を初めとするさまざまな団体や流派が存在し、それぞれが独自の技術や理念を持っています。極真会館は大山倍達が設立したものであり、その系統を受け継ぐ多くの団体が極真空手を普及させています。しかし、大山倍達の死後、いくつかの派閥に分かれ、それぞれが独自の大会やシステムを展開しているのも事実です。これまでの伝統を尊重しつつも、さらなる発展を遂げていく姿勢が極真空手の特色と言えるでしょう。

伝統空手と極真空手 どちらを選ぶべきか?

空手に興味を持つ者にとって、伝統空手と極真空手のどちらを選ぶかは重要な判断ポイントです。目的や志向に応じて、最も相応しいスタイルを選択することが肝要です。

何を目的とするか?

空手道場選びは、自分が何を目指しているかによって異なります。自己防衛や体力づくり、精神的な成長を求めるならば、極真空手が適しているでしょう。実戦的な技術を学び、身体を鍛え上げたい意欲があるなら、極真会館あるいはそれに類似した極真系の道場がおすすめです。一方、伝統空手は型を通じて精神力を養い、技の精度を高めたいと考える初心者や、武道としての美しさを求める人にとって良い選択となります。

まとめ

極真空手は、厳しい訓練と実戦的な技術が評価される武道です。大山倍達によって始まり、今なお世界中で愛され続けています。伝統空手と極真空手は同じく空手の一環でありながらも、目指す方向性に大きな違いがあります。自分の目的に応じて適切な道を選び、その道を究めることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました