PR

壮大な空手演武が行われる「空手の日」が熱い

スポンサーリンク
空手の日の演武 空手文化と競技世界
内閣府ホームページよりhttps://www8.cao.go.jp/okinawa/okinawakarate/event-report/karate-day/karate-day.html
記事内に広告が含まれています。

2023年(令和5年)の「空手の日」大盛況のうちに幕を閉じる

2023年の沖縄の「空手の日」にちなんがイベントが滞りなく開催され大盛況で閉幕しました。

「空手の日」当日の10月25日には豊見城市の空手会館で、沖縄伝統空手道振興会に加盟する4団体の会長と県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者である範士8人が参加し、恒例の奉納演武が行われました。

10月29日の日曜日には、那覇市の国際通りで「空手の日」を祝う記念演武祭が開催されました。新型コロナウィルスの影響で通常の開催が長らく見送られてきましたが、今年は4年ぶりに通常通りの規模で行われました。海外からも実に多くの空手家や愛好家達が来沖しました。国内外を合わせて約2千人もの空手家たちが集結し、沿道には観光客を含む多くの観客が詰めかけ、空手家たちの演武に見入っていました。

開会式では空手の有段者である玉城デニー沖縄知事1が黒帯を締めて登壇し、挨拶を行いました。その後、玉城県知事も加わって2千人の空手家たちが一同に「普及型Ⅰ」の演武を披露し、会場は熱い熱気に包まれていました。

空手の日とは – 沖縄の空手文化を称える祭典

空手の日とは、毎年10月25日に行われる空手の祭典です。この日は、1936年に沖縄で開催された第一回全島空手道大会の記念日として制定されました。空手の日は、空手の歴史や文化を広く伝えることを目的としています。
空手の日は、沖縄の美しい技と独自の空手の精神を体現する機会です。
沖縄県では、この日に合わせて沖縄伝統空手道振興会と協力し、「空手の日記念演武祭」を開催しています。この祭りは、空手の更なる発展と世界の平和への貢献を願い、空手の魅力を多くの人に伝えることを目的としています。

空手の日は、空手を愛する人々にとって特別な日です。空手は、単なる格闘技ではなく、心身を鍛える修行や人間形成の道でもあります。
空手の日には、空手の精神や技術を学び、自分自身を見つめ直す機会になります。また、空手の仲間や師匠と交流し、感謝や尊敬の気持ちを表すこともできます。

空手の日の背景 – 空手の歴史と世界的な普及の影響

空手の日が制定された背景には、空手の歴史と世界的な普及が大きく影響しています。
特に、第二次世界大戦後、沖縄の空手家たちは積極的に海外での普及活動に取り組みました。その結果、空手は世界中に広まり、日本を代表する武道として認知されるようになり現在では約5,000万人の愛好者が世界中にいます。
空手の日は、空手の歴史と世界的な普及を記念するとともに、空手の精神と文化を次世代に継承していくことを目的としています。

空手は「空手に先手なし」という哲理と「ヌチドゥ宝」の思想を根本理念とする「平和の武」です。
空手の日をきっかけに、空手の精神と文化を多くの人に知ってもらい、平和で豊かな社会の実現に貢献していきたいものです。

空手の日の意義と展望

空手の日は、空手の演武会や体験会、講習会などが行われることがあります。また、多くの空手家が空手の精神と文化を振り返り、新たな決意を固める日でもあります。

空手の日は、まだ歴史が浅いイベントですが、これからも益々盛り上がっていくことでしょう。
空手は、日本だけでなく世界中で人気が高まっています。
空手の日は、その人気をさらに高めるだけでなく、空手の本質や価値を伝えることにも貢献します。
空手の日には、ぜひ空手に触れてみてください。
あなたもきっと、空手の魅力に惹かれるはずです。

  1. 参考記事 空手経験のある有名人に驚き 意外なあの人も空手家だった ↩︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました